年末相場、新年相場は株価の底値期間の一時的な現象と考えて無視する方がよい!

16日に会社四季報(2017年1集・新春号)が発売されました。この本で、新年の相場が大体予測できます。ところで、全体の株価はやはり底値を付けたようです。というのも、どの銘柄も全体的に上昇信号が増えています。そのうえ、サイコロジカルラインなどの底値信号(これは上昇信号とも取れますが)がまた減り始めました。以上から考えると、やはり株価は上昇し始めているようです。

2016年の年末には株価は上がるのか

年末相場が出るかどうか、思案している人も多いでしょう。しかし、年末相場、新年相場は株価の底値期間の一時的な現象と考えて無視する方がよさそうです。それだけ世界は狭くなったといえます。

ところで、アメリカやヨーロッパなどでは冬休みはクリスマス休暇という名前のとおり、12月25日から新年の1月1日までです。向こうの国では1月2日からビジネスが始まります。日本とはわずか2,3日の差ですがビジネスの日がずれます。

そんなわけで、新年早々、欧米の株式市場を観察するのも一つの方法です。日本の株式市場は欧米の株式市場の影響をまとめに受けますから。

ところで、医薬品の銘柄の中で株価の上昇信号を示すものが、少し出てきました。これは堅いです。医薬品関係の株価の上昇信号はだましが少ないですから。それではいつものように個別銘柄の検証に入ります。

優良銘柄の検証

4557 医学生物学研究所

予想PER39.1(高値平均・・・、安値平均・・・)PBR1.70、ROE4.3%。’17年3月に黒転する予定です。その意味からいうと、買うのは少し遅いかもしれません。そのうえ、今まで赤字銘柄でしたから、PERの高値平均、安値平均も出ていません。

しかしROEは低いです。買いに出るのは、少し待った方がよさそうです。

4558 中京医薬品

予想PER46.7(高値平均53.5、安値平均44.8)PBR1.27、ROE2.7%。PER,PBRともに安いのですが、ROEは信じられないぐらい低いです。

短期で運用するのならともかく、長期で運用する銘柄ではありません。短期でも、あまり株価は動いていませんね。

4559 ゼリア新薬

予想PER22.2(高値平均37.4、安値平均22.9)PBR1.25、ROE5.6%。ROEは少し低いですが、PER,PBRともに安いです。株価は今年の前半に底値を付けて、上昇傾向に入った様子です。

これから運用したら儲かりそうな株です。

もちろん、移動平均線以下で買いでしょう。

4565 そーせいグループ

予想PER21.7(高値平均145.3、安値平均44.9)PBR9.64、ROE44.5%。PERは低いのですが、PBRは高いです。それを反映しているのか、ROEは44.5%という高さです。

これは買って一年たつと株式価値が44.5%増えることです。100万円で買えば、一年後には144.5万円になる予定です。信じられない数字です。

しかし、欧米では当たり前の数字です。この株も黒転銘柄です。まあ、黒転の上昇時期は過ぎていると思われますが。買う買わないは別にしても注目株の一つです。

この記事を書いた人

r.nakanisi
r.nakanisi
現在、私自身はブログ「株と仲間」を運営中、著作は4冊、塾、家庭教師活用法(大阪教育センター)、株 確実に5割儲かる私の投資法、株、チャートで100万円が6年で1億円、株、儲かる投資法、危ない投資法,ムダな投資法(以上、エール出版)、株式投資のはなし、季節銘柄で儲けよう、その他、電子書籍多数(アマゾンキンドル)など。
スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら