全部掃除する時間はなくても、ここだけは掃除しよう!年末の一大イベント、大掃除

一年間の汚れを綺麗に落として、新年を気持ちよく過ごすために欠かせませんが、生活が忙しかったり、どこから掃除すればいいか分からなくて手が付けられない、といった問題にも陥りやすいものです。家全体を綺麗にするのが理想ですが、「年末だけでは到底無理!」という方に、最低限綺麗にしておきたい場所と、大掃除のコツをご紹介します!

最初に大掃除をするのは玄関

玄関は家の顔、と呼ばれる場所です。玄関が綺麗に掃除されていると、部屋の中まで綺麗に掃除されている印象を受けます。逆にどれだけ家中を綺麗にしていても、玄関が汚れたままでは周囲からのイメージが悪くなって努力が水の泡です。

人や物が一番多く出入りする場所なので、風水などでも重要な場所として挙げられます。玄関を綺麗にすることで良縁に恵まれる、お金が舞い込んでくるといった利益が期待できます。

下駄箱の埃や汚れを綺麗に落とし、散らばっている靴は綺麗に収納しましょう。玄関の床は箒などで砂埃を掃きだすだけでも綺麗になりますが、可能ならば水拭きや水洗いをして、こびりついた汚れも落とすと、尚良いです。

他の場所の掃除が追い付かなくても、せめて玄関だけは綺麗にしておきましょう。

毎日料理を作る台所

毎日料理を自炊しているお宅なら、台所の掃除も大切です。普段から綺麗にしていても、換気扇や家電製品の中など、細かい部分には汚れが溜まっています。大掃除の際にピカピカにすることで、故障を防いで長く安全に使うこともできます。

換気扇のファンやカバーなどの油汚れがひどい場合は、お湯を張ったシンクやタライに1~2時間漬けておくと、汚れが浮いて掃除しやすくなります。お湯に重曹や中性洗剤を溶かしておくと、さらに汚れが落ちやすいです。

電子レンジの中は、先に濡らしたタオルなどを入れてチンすることで、蒸気の力が頑固な汚れを落としやすくしてくれます。

冷蔵庫の中も、できれば綺麗にしておきたいものです。賞味期限切れの食料品や、ほとんど使わない調味料などは、この機会に思い切って捨てましょう。一度中身を空にして、中の汚れを拭き取ることで冷却効率も高くなって節電も期待できます。

お風呂・トイレなどの水回り

日々の生活に欠かせない、お風呂トイレなどの水回りを綺麗にしておくことも大切です。普段からあまり掃除をしていないと、水垢が固まって黒墨や白い塊になったり、タイルの隙間に黒いカビがびっしりついていることもあり、衛生面もよくありません。

水回りを綺麗にすることで家中を清潔に保つことができるので、忙しくてもぜひ、やっておきたいものです。

しつこい水垢は重曹を使って少しでも柔らかくして、研磨剤や硬いブラシなどで擦って落とします。それでも落ちない場合には、ナイフやヘラなどでこそぎ落とす必要がありますが、湯船やタイル、手を傷つけないように注意しましょう。

カビは市販のカビ落としも効果がありますが、あまり綺麗にならないと感じた時には、ハイターなど漂白剤を使用して黒墨を落としましょう。長く使用するとタイルの色なども落ちてしまうため、撒く量と時間には注意が必要です。

塩素系洗剤を使う時は換気もしっかり行いましょう。

トイレは便器の内蓋の裏まで、しっかり綺麗にしたいものです。ゴム手袋とスポンジたわしで擦る、塩素系洗剤を使用するだけでも綺麗になりますが、尿が固まった頑固な汚れは、洗剤を染み込ませたトイレットペーパーなどを汚れの部分に張り付けてしばらく放置することで、簡単に落とせるようになります。

おわりに

年末の忙しい時期。家中を掃除するのは無理でも、ピンポイントで一部を綺麗にするだけで、充分に大掃除になります。大事な部分をしっかり掃除して、気持ちよく新年を迎えましょう!

スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら