家事や育児でお疲れの子育て中ママへ。年1回ぐらいは忘年会に参加して気分転換をしよう!

スポンサーリンク
728×90




そろそろ年末の呼び声が聞こえますね。忘年会に昔の友だちに会いに行きませんか。仕事を探しているあなたはひょっとして今の生活に合った、仕事が舞い込んでくるかもしれません。直接に仕事が見つからなくても、または仕事をするきっかけが生まれるかもしれませんよ。忘年会には生活を豊かにするエッセンスがいっぱいです。

子育てママも年1回ぐらい忘年会に行こう!

家事と育児に追われて、人づきあいから遠ざかっていませんか。子供の食事を作って、掃除して、洗濯してアイロンをかけてと変化のない毎日だから、会って報告することもないと出不精になっていませんか。

育児をして子供を見守ることが、今のわたしの生きる道と決めていても、いざ久しぶりの友だちに会うとなると時間的にも金銭的にも、案外ハードルが高いと感じる方はいるのではないでしょうか。

朝起きて、朝ご飯をつくって子供の学校に間に合うように送り出し、誰も気づかないだろう家の中を掃除し、子どもの帰りに間に合うようにお迎えに行き、お稽古に間に合うように送迎し、健やかに寝て起きられるように、急いで夕飯の支度をして、お風呂、就寝に導くという、かわり映えのない毎日の繰り返し。

子供が帰って来ても夕飯の支度に追われ、子供の満足のいく相手をしてやっているかも確信がなく、家事も子育ても仕事も両立している人もいるのにわたしは、子育てひとつできないとイライラしたりしている人には尚更です。

ハイハイしない、に始まり、離乳食を食べない、おトイレを覚えない、幼稚園や保育園に通うようになると集団生活になじめない、など、子どもの成長過程がどの段階でももちろん楽しみはあるのですが、悩みも尽きません。

心身共に子供にパワーを擦り減らし、持てる知力、体力を余所へは向けられないことは辛いことです。そんな生活の中で豊かに暮らすためにはどうしたら良いでしょうか。

その1つの提案として、忘年会に行くことをお勧めします。

子育てママが忘年会に行くといいこと

(1)笑顔で友だちと会うと、仕事が舞い込んでくるかも!

社会で活躍している友だちに引け目を感じて、お金もかかるしと、昔の友だちに会うことを生活の中から省略していませんか。顔を出しても社会から埋没していると感じるだけだし、華々しく報告することもないし、と引け目を感じていませんか。

社会で活躍できないと悩んでいるあなた。

報告することなどなくても良いのです。顔を出してにこにこと笑顔でいるだけで、仕事が舞い込んでくるかもしれませんよ。少なくとも仕事をするきっかけが生まれるかもしれません。何らかの技能を磨き、仕事の上で中心的存在になっているかもしれません。

あなたの元来の資質を理解し、人手不足の仕事を紹介してくるかもしれません。もし昔とは一味違う再就職を目指して、仕事を探しているなら、みすみすチャンスを逃してしまうのはもったいないですよ。

(2)昔の友だちに会うと、昔の自分を思い出す♪

昔の懐かしいエピソードを披露しあいながら、幼いとき、若い時のわたしを思い出します。今の家族に出会う前に知り合った友だちに会ってみれば、ピュアなわたしを知っている人がいるという安心感に満たされることでしょう。

精神的に安定し、生活を豊かにする助けになるのではないでしょうか。もしひっそりとでも仕事を探しているならば、最近は使っていなかったわたしの昔の資質を思い出し、封印していた面が掘り起こされ職業選択の幅が広がったりしますよ。

(3)子どもから離れてストレス解消

子育て期間は生活の場が自宅の周り、近所になることが多いですね。自宅の周りというエリアは子供とつかず離れず、という状態です。

もしちょっぴりわがままを言えるのなら、ほんの少し自宅周りエリアから離れた場所に忘年会の会場を設定してもらうのもいいのかもしれません。普段の生活では乗らない電車に乗ったり、乗り換えをしてみたり、景色を見たり。

それだけで年末らしい気分転換になります。家のまわりを離れて、ストレス解消もできます。距離的に離れることで子育てモードから数時間でも開放されます。

おわりに

さあ年末は、臆せず外に忘年会に出てみましょう。一歩踏み出してみれば、友だちも社会もあなたを待っていますよ!

また、子育てママの気分転換方法。次の記事でもご紹介しております!続けてお読みください。

ママだって遊びたい!家にいても、子育てしながらも実践できる気分転換方法!

スポンサーリンク
336×280
336×280

最新記事の更新はこちら